スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の評価

人が人を評価するとき,大多数の人は「減点方式」で評価する

つまり,はじめから持ち点をほとんど持たず,評価する人物にとって不快に思われた分だけ減点されていくのだ

こんな人の評価では相手を認めることなどほとんどないだろう

減点方式をとっている人間が多いからこそ人は自己中になる

さぶは褒められることが好きである

けれど,人は人を認めることがなく,誰も褒めてはくれない

さぶの人生において最も自分を認めてくれ,褒めてくれた恩師がいる

その恩師は中学の数学の教師で,とても真面目で優しい先生だった

その先生とは数学を教えてもらう以外に接点などなかったが,ある時さぶが数学の係りになった

この係りとは,担当する科目の授業の準備を行う者である

さぶの仕事は数学の小問題プリントを配ることだった

数学の係りになったのは後期だったので,前期にやっていた奴が先生に指示されてプリントを配っていたようにやろうと考えていたが,ふと,チャイムがなってから配っていては無駄が多いなと思い,勝手にチャイムが鳴る前に各列の人数を数え,仕分けし,それをチャイムが鳴り終わるぐらいをめどに配り終えるように配ってみた

そして,その日の数学の時間に,その先生がさぶをベタ褒めしたのである

恩師 「ほう,授業が始まる前にプリントを配っておいてくれるとは実に気が利いていて素晴らしい!!」

この時,さぶは褒められることのうれしさを知った

次の数学の時間には,前回の配慮に加え,日直の仕事である黒板の掃除を行い,教卓を掃除し,チョークを新品を用意しといろいろと試してみた. このとき,さぶはもっと褒めてもらいたいと願望があったのかもしれない

結果,恩師はまたもベタ褒めしてくれたのである

この恩師はもともと人を褒めることが上手で,よく数学の問題を答えさせては正解者,不正解者を褒めていた

さぶはこの恩師が好きだった(同性ですが,性的でなくね(^^:))

心の底から人を褒め,褒めることで伸ばす教育,自分もこの恩師のもとでならどこまでも成長できたことであろう

ほんとに尊敬する人物である.

人を褒めることは簡単なようで難しい

心が籠っているというか,ほんとに心の底からの賞賛でなければ,うれしいと感じない


今,大学でさぶは教授に褒められたことがあった.

教授 「さぶ君はプログラミングがすごくできるので,この難しい課題を頑張ってもらいたいです」

期待されることや,評価されることはうれしい,,だけど,

教授は自分を認めてくれているような発言をしているわりには自分を認めているような態度がない

教授が質問をなげかけるときに自分が答えを知っていても,自分に聞いてくれないのである

その質問を他の者にまわす.さぶのことを正確に判断していたら,今の質問は俺にするだろうと疑問に思う

同じ学科の同僚も,

同僚 「さぶはすごいからさぶがやってくれますよ」

同僚 「さぶならこんなの楽勝でしょ?」

皆さぶを認めてくれているのだろうか,,,心がまるで籠っておらず,むしろ煙たい相手に対しての威圧的な発言とさえとれる

人が評価するときは減点方式である.人の悪いところを探す評価法である

人のいいところは自分にはどうでもいいことだと捨てられるのである


人が人を認め合わない世の中に,信頼などあり得るのだろうか



スポンサーサイト

theme : どーでもいいこと
genre : コンピュータ

大人への変革

コーヒーに砂糖を入れますか?

さぶはコーヒーに砂糖を必ずいれてなければ苦くて全然飲めなかった

だが,最近になってコーヒーをブラックで飲んでも苦味をほとんど感じなくなったのだ

よく子供のころに嫌いだった食べ物が年をとるにつれ食べられるようになるように

コーヒーもまたブラックで飲めるようになるのだ

正直,この変化には驚いた

何気なく砂糖を入れ忘れて飲んだわけだが,ほぼ苦味がなく,水のように普通に飲めるから不思議だ


大人がコーヒーをブラックで飲んでいる姿をみては味覚が異常じゃないかと思ったりしていた

年齢が上がるにつれ,機能しなくなる感覚は多々あるもの,味覚もそのひとつ

苦味を認識しなくなったためにコーヒーが普通に飲めるようになったのだ

喜ぶべきかが微妙なところだが,コーヒーを飲めるようになったおかげで眠気覚ましや徹夜がやりやすくなったとメリットもある

コーヒーが飲めるようになったものの,たいしておいしいと感じないわけで,もう少し時間がかかりそうだなと思った



theme : どーでもいいこと
genre : コンピュータ

内定が決まらない

大学の張り紙で内定先が決まっていない学生の面談があると書かれていた

多くの学生はすでに就活か院への進学かの2択に分かれる

自分はつい最近,手持ちの内定を辞退し,内定先をひとつに絞った

面談に呼び出されている学生が何人くらいいるのかと興味本位でのぞいてみると

(--;)ん????

そこには全体の約8割の学生の数が!!!


院への進学は今年からゆとりとなり,成績の上位10%が試験免除だったのが,今年から30%くらいに大幅に引き上げられた.そのため,この不景気に就活をしなくてすむため進学を希望する学生の数がほんとに多かった

試験免除者が大幅に増えたことでどんな奴でも院にいけるようになり,院にいっても進路決定ということで面談には呼び出されないわけである

なのに,,,,,8割???


就活で内定をとれたのがほんの1割ですか??????


実際に就活をした感想としては人が例年より多く,採用枠が減って,試験回数が増えた程度である(爆)(^^;)


だからといって試験問題でみられるのはIQとでもいえるような頭脳をテストされているような問題

どこどこ出身だから落とされる.どこどこの学科だからという差別は完全になかった


つまり,今内定を取れていない人に言えることは

力不足だ!!!!


力不足である以上,試験は大変だろう.内定が取れないと鬱になり粗暴になる

それでもあきらめずがんばれる人間が勝つものである

IQをみるテストならばその試験日の運によっても変動する!!可能性はある!!!

ようはいかに柔軟に考え対処するかだ

内定がとれないと嘆いていては試験が落ちる.面接で落ちる

ネガティブな考えは捨てろ!!!(・Д・)

決まっている! 勝つのは俺だ!!



theme : どーでもいいこと
genre : コンピュータ

オブジェクト指向言語への移行

情報関係の学科の中でも最近,プログラミングの履修内容が違ってきている

その中で,初めに習う言語が違うことがある

5,6年前はVBが一般的であり,現在においてはC言語がほとんである

だが,そんな中,C++やJavaを最初の言語として教える大学が増えてきた

C言語はプログラミングの基礎の学習にもっとも適しており,Cの知識がそのまま他のオブジェクト指向言語に役に立つ

だが,CとC++,Javaでは考え方が結構違ってくる

それはオブジェクト指向という考えにもとづいてのプログラミングを採用しているかどうかである

C言語は手続き型の言語であり,一連の処理の内容を順に記述する.対してオブジェクト指向はプログラミングする内容を個々の物という概念に置き換えて処理を記述する

Cに慣れるとオブジェクト指向を理解するのが非常に難しくなる.オブジェクト指向はCの考え方と違っているからだ

そのため,企業や大学ではCを教えるのではなく,いきなりオブジェクト指向の言語を教えることでC言語スタイルの考えにとらわれないようにしようという考えである

これはプログラミングの学習量を最小限にし,最大の成果をあげることになる

この方針の転換は有効といえるだろう.Cを学んだためにオブジェクト指向言語でのプログラミングができない者が続出しているのが現状だ

自分もCを得意としていたために,オブジェクト指向になれるのにはとても苦労した

今はオブジェクト指向でのプログラミング開発ができるようになってきた

オブジェクト指向はコード量が多くなるかわりに,極めてプログラミングを解り易く,エレガントな記述ができる

ただ,どうしても疑問に思うのがいきなりオブジェクト指向を習ってほんとに効率がいいのか?という疑問だ

Cを習わないことでオブジェクト指向言語の理解が容易になるが,プログラムの理解や技術という面ではどうだろうか

C言語は処理の順にコードを書いていくが,コードが簡潔であるため,多くのプログラミングの練習を簡単に行うことができる

逆にオブジェクト指向言語は初めて習う言語にしては極めてコードが書きにくい

オブジェクト指向にそってコードをデザインしなければならないからだ

ある程度プログラミング慣れしていないとまともなプログラムは書けない

Cを始めにに習って苦しんだわけだが,やはりプログラミングの進化の歴史を知る意味でもCが最初の言語であるほうがいいのではないかと感じる

どのように言語が変化して,どう便利になったのか,違いは何かなど考えながら学べるからだ

自分がいきなりオブジェクト指向言語を習っていたら逆に今以上に大変だったことだろうと思う

やはり,一番大事なのは楽をして近道をするのではなく,苦しくても基礎からきちんと学ぶということだと思う


theme : パソコンな日々
genre : コンピュータ

気になること

とあることに気づいた

それは髪の毛の成長速度の変化だ

さぶは昔から髪がすぐ伸びて何度も床屋に行かなければならないような

髪をしていた

だが,最近になって気づいたのだが,どうも髪の毛の成長速度がだいぶ遅くなったように思う

今までの経験からこれはとてもうれしいわけだが,,,,,

正直不安(^^;)

髪が成長しにくくなるのは歳が関係しているから当然なわけだが,それにしてもまだ20代なのに

この成長速度,,,,あぶないな~~~

やたら中年のおじさんたちがオールバックにしてたり,髪を分けてたりするわけだが,それは髪が抜けやすく,成長しないための措置であり,似合ってる人はかっこいいと感じるが,それでも悲しさがある


う~ん,将来,,俺って剥げてるのかな(--;)



theme : どーでもいいこと
genre : コンピュータ

久しぶりのC++

1年ぶりくらいにC++でのプログラミングを行った

今大学でACMプログラミングコンテストというイベントのための勉強会を行っており,

過去問をC++で解こうということになり,久しぶりにC++で書いた


       acm

まったくもってブランクが長いとほんとにかけないorg

問題はかなり簡単なものでCで3,40行ですむ難易度だが,C++では150行も使っていた

ACMはプロうグラムの作成時間を競うのでこれでは問題が解けてもタイムで負けてしまう.

とはいえ,特別にだらだらと書いたわけではなく,オブジェクト指向で書くとこうなったのだ

つまり,オブジェクト指向はプログラムを細かく分類でき,再利用に富んでいるが,コードの量が増加するという問題も含んでいることがわかる.

C++が一概に悪いわけではなく,ケースバイケースといえる

今回の過去問のような単純な入れ替えならCで書いた方が速かったというわけだ


それにしても,,,,,,自分の記憶力の悪さと,コードのセンスのなさに悲しくなってくる,,,,,

もっとしっかり勉強しとかないといけないな


theme : パソコンな日々
genre : コンピュータ

プロフィール

さぶ

Author:さぶ
趣味 パソコン、アニメ、
    ゲーム, 麻雀
好きな物 ジャンプ 甘味

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも一覧
壁のない世界へ
注目の商品




今売れている商品








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。