スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VNCサーバ構築

リモートからGUI操作が可能なVNCサーバを導入します。

【環境】
CentOS 6.2 64bit
VNCはTigerVNC


手順1.必要パッケージのインストール


  ・tigervnc-server  - VNCソフト

# yum -y install tigervnc-server


手順2.VNCサーバ設定(/etc/sysconfig/vncserversの編集)


 手順2.1 設定ファイルの編集
# vi /etc/sysconfig/vncservers

 VNCに接続するユーザを登録します。
 -geometryでは画面の解像度を指定します。

VNCSERVERS="番号:ユーザ名"
VNCSERVERARGS[番号]="-geometry 800x600"

手順3.VNCユーザ設定


 手順3.1 パスワードの設定
# su - ユーザ名

# vncpasswd



 手順3.2 環境設定
   ~./vncに環境設定ファイル(xstartup)を作成

     
# cd ~/.vnc/

     
# vi xstartup



   xstartupの内容

#! /bin/sh
gnome-session &


  実行権の付加
# chmod +x xstartup



手順4.各種設定


 手順4.1 ファイアウォールの設定

     
# vi /etc/sysconfig/iptables



以下の行を追加

-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 5901 -j ACCEPT


VNCは5900番のポートを使用するが、VNC設定で登録した番号をもとにポートが決定する。 例: 5900 + 番号

 ファイアウォール設定を再起動
 
# service iptables restart



 手順4.2 VNCサービスの起動

    
# service vncserver start

    
# chkconfig vncserver on



以上で設定は完了

クライアントソフトTigerVNCViwerをダウンロードし、

 VNCのアドレス:ポート番号

を入力してアクセス。設定したVNCのパスワードを入力してログイン

サーバだとCUIばかりですが、たまにGUI操作をすると

Linuxのデスクトップ環境を見れて楽しいです。
スポンサーサイト

theme : パソコンな日々
genre : コンピュータ

プロフィール

さぶ

Author:さぶ
趣味 パソコン、アニメ、
    ゲーム, 麻雀
好きな物 ジャンプ 甘味

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも一覧
壁のない世界へ
注目の商品




今売れている商品








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。