スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Intel CPU値下げ(・Д・)来たー

値下げしたプロセッサの数、割合には限りがあるが、Intelはプロセッサの価格を最大31%引き下げた。

 デスクトップ向けの「Core 2 Duo E8500」(3.16GHz)は、最も値下げ率が大きく、米国時間7月20日付の新しい価格表では、266ドルから183ドル(31%)になった。

 次に値下げ率が大きかったのは、デスクトップ向けの「Core 2 Duo E7200」(2.53GHz)で、133ドルから113ドルと、15%引き下げられた。

 そのほか値下げされた中には、人気のクアッドコアプロセッサ「Q6600」(2.4GHz)があり、224ドルから193ドルと、14%値下げされた。さらに、デスクトップ向けの「Core 2 Duo E8400」(3GHz)も11%値が下げられ、183ドルから163ドルになった。

 また、「Xeon」サーバプロセッサも値下げされた。「X3220」(2.40GHz)は224ドルから12%値が下がり、198ドルになった。「X3210」(2.13GHz)にも同じ値下げ率が適用され、一方、「E3110」(3GHz)は11%の値下げにより、188ドルから167ドルになった。

ttp://japan.zdnet.com/news/hardware/story/0,2000056184,20377660,00.htm より転載


はやくも爆発的人気だったE8400,Q6600,Xeon X3220を含むデュアルコアCPUやクアッドコアCPUを大幅値下げ!!


これはいったいどうしたというのだ(・◇・)??


AMDが消費電力を抑えたFenomeを出したとはいえ、どう考えてもインテルに軍配はある


それに値下げが行われるのは自然なことだが、売れているときにわざわざ値下げをするだろうか?



Intelよ何を企む(・Д・)!!




こんなに早くに値下げに踏み切る意味が理解できない


この値下げにより今まで様子を見ていたユーザー達はきっと買いあさることだろう


だが、インテルが意味もなく値下げをするだろうか?



自分としてはもう次のCPUの製作段階が終盤にいき、そのため今ある生産拠点の在庫を減らす目的なのだろうかと思う。


今作ってある分を売って、生産拠点を次期CPU生産に移行させるため、、、、、はい、矛盾ですね(--)


生産をやめたいのに安くしたら余計に需要がくるだけですから(-”-;)



わからん!!いったいインテルの狙いは何だ!??






スポンサーサイト

theme : パソコンな日々
genre : コンピュータ

comment

Secret

プロフィール

さぶ

Author:さぶ
趣味 パソコン、アニメ、
    ゲーム, 麻雀
好きな物 ジャンプ 甘味

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも一覧
壁のない世界へ
注目の商品




今売れている商品








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。