スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輝かしい新技術

【脱石油】世界初!石油の代わりに“二酸化炭素”からプラスチック原料(メタノール)を合成 製造設備を建設へ…三井化学

1 :早よ説教部屋に来栖川芹香 m9( ゚д゚) → ネットナンパ師φ ★:2008/08/28(木) 19:00:03 ID:???0
三井化学は25日、二酸化炭素(CO2)からプラスチック樹脂の原料として必要なメタノールを
製造する試験設備を建設すると発表した。同社によると、CO2を原料とする製造設備を作る
のは化学メーカーとして世界初という。

原油価格の高騰で石油化学製品の値上げが相次ぐなか、トウモロコシのでんぷんからポリ
乳酸を製造して樹脂原料とする方法は一般的になりつつある。今後も“脱石油”に向けた取
り組みが加速しそうだ。

三井化学の設備は投資額約15億円で、大阪工場内(大阪府高石市)に建設する。生産能
力は年100トン。2009年2月に設備が完成し、10年3月に実用化技術の確立を目指す。
(以下略)http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200808260024a.nwc

同社は1990年から1999年に新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業
「化学的CO2固定化プロジェクト」に参画して、メタノール合成の高活性触媒を開発し、改良
を重ねてきた。今回建設するパイロット設備では、CO2と水の光分解などで生成した水素を
原料にこの触媒で年間100トンのメタノールを合成する計画。同社は約15億円を投資して
2009年2月に設備を完成させ、2010年3月にCO2分離濃縮およびメタノール合成工程を実
用化技術として確立することを目指す。

三井化学は、合成されたメタノールからオレフィン類やアロマ類などの化学製品を製造する
「CO2化学的固定化技術」の開発を進めている。これは、地球温暖化の原因となるCO2そ
のものを、価格が高騰している原油代替原料として消費するため、環境貢献度が非常に高
い技術となる。(抜粋)http://www.designnewsjapan.com/content/l_news/2008/08/o14nbe000000naoi.html
解説イラスト http://www.designnewsjapan.com/content/l_news/2008/08/o14nbe000000naoi-img/o14nbe000000natg.jpg

<関連>【産学連携】CO2からプラスチック、東大・帝人・住友化学など 12年度にも実用化[07/09/12] http://news21.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1189562429/

2ちゃんより抜粋


この発明を誰が予想できよう

そう、つまり

予想外だ(・Д・)!!!

なんというとてつもない技術だろうか

これで石油の消費を抑えられるうえに、問題となっている二酸化炭素を有効活用する画期的なものだ

石油ももってあと50年ないといわれている

一刻もはやく石油にかわる代替エネルギーの模索が必要だろう

その意味でもこの技術は未来の可能性をみせてくれた素晴らしい技術といえよう


スポンサーサイト

theme : どーでもいいこと
genre : コンピュータ

comment

Secret

プロフィール

さぶ

Author:さぶ
趣味 パソコン、アニメ、
    ゲーム, 麻雀
好きな物 ジャンプ 甘味

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも一覧
壁のない世界へ
注目の商品




今売れている商品








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。