スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憎めない奴

研究室が大嫌いなさぶ

ゆえに研究室には滅多に行かない

それゆえ、先輩に説教をされましたorg

ただ、その説教の中で、ひとつ気になった発言があり、それがきっかけでこの記事を書いてます


先輩 「さぶくん、ちゃんと毎日研究室に来ないとだめだよ」
さぶ 「・・・・・・・・・・・・」
先輩 「就活で忙しいのわかるけど、研究しないと」
さぶ 「研究室で研究するより家の方がはかどるので」

卒業研究はどこの大学でも研究室で研究するのが一般

けれども、自分は研究さえできればどこでもいいと考えている

むしろ人が多くてうるさくい研究室は自分にとって劣悪な環境といえる

家でやるとよそごともしてしまうわけだが、同じ時間だけ研究していても家の方が集中できるのでその差は歴然だ

それなのに、大学や先輩はそうはいかない

家での研究は研究時間として認めてもらえず、大学で研究することを前提としている

このふざけたルールに嫌気がする!!


大学にいれば研究が進むと考える馬鹿な発想だ!研究はどこでもできる!なら、より効率のいいところで行うのが望ましいのではないだろうか?

研究室には人が多くいる。皆が黙々と作業するわけもなく、必ず雑談!ゲーム!

皆で協力して研究することでよい研究ができるというが、嘘だ!!
討論によって考えの幅は広がるが、毎日来て行う必要などない!!

そんな下らないしがらみがあるから先輩たちの卒論はゴミなのだ

自分の研究も言うまでもなくゴミになる運命


自分が家での研究を申請しても通ることはなかった。始めから解りきっていたことだ

先輩 「それは無理。研究は研究室で行われないといけないから」
さぶ 「・・・・・」
先輩 「さぶ君が優秀だとはP君から聞いているけど、それでもちゃんと大学で研究しないとダメだよ」

この発言を聞いた時意外だった!!!

発言に対してというより、P君の発言ってことに対してだ

P君とは同じ学科の自分より優秀な奴である。

このP君だが、自分は大嫌いである

なぜ嫌いかと言えば、P君はいつも自分を否定するからだ

自分が頑張って作ったプログラム、喜んで友達に見せていると、P君は決まって「そんなプログラムくらいすぐかけるし」という

P君は自分より優れている  ゆえにP君の発言は虚勢ではない!!

でも、「褒められて伸びる」人間の自分にとって、否定される、認められない、蔑まれる、そういった事は死ぬほど嫌なことだ

P君が優秀であるから自分はP君を尊敬している。超えたいと願っている。だけど、P君のとる行動が嫌いだ

P君は凄いプログラムをかく。 P君は決まってそれを自慢する。 自分の努力は否定して、自分の努力を必要以上に見せびらかす、その行為が特に嫌いだった

これらの理由からP君が嫌いになっていった

さっきの発言、P君が俺を優秀と認めていた?

夢にも思わないことだった。いつもいつも自分を否定し、自慢ばかりしてくるP君が俺を認めていたなど


本当に優秀な人間は他人を称えるという

親が子を褒める時、親は子の努力の程度をしっかりと理解し、それに応じて褒める

他人を褒めるということは他人より優れているからできることでもある。

P君は優秀である。だからこそ、自分の努力を正当に判断できているのかもしれない

いつもいつも否定され、見下されてきた

P君が自分を評価しているなんてこと有り得ないと考えた。

でも、もしP君からの讃辞であるなら、自分はP君に勝てないと思った

自分も自慢が好きな人間だからわかるが、自慢好きな人間は他人を卑下する

自分が他人よりも優れているという優越感に浸りたいがために

しかし、他人を卑下すると他人を正確に評価できなくなる

P君は卑下しながらも、相手を称えた。 そんなP君がすごいと思った。そして、内心嬉しくてしかったなかった。

P君は嫌いだけど、自分を認めてくれる人間は嫌いになれない自分


俺って、、、、単純だなと思う(・Д・;)





スポンサーサイト

theme : どーでもいいこと
genre : コンピュータ

comment

Secret

プロフィール

さぶ

Author:さぶ
趣味 パソコン、アニメ、
    ゲーム, 麻雀
好きな物 ジャンプ 甘味

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも一覧
壁のない世界へ
注目の商品




今売れている商品








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。