スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就活体験談3

今回の就活話はずばり  面接

やっとの思いで筆記試験をパスしたのに面接でさようならはよくある話

そこで,面接で失敗しないために面接対策について語ろうと思う


まず,面接のタイプは2タイプに分けられる

それは一次面接と二次面接という分け方だ

なぜ,面接なのに違いがあるかというば,重要視される内容が大きく異なるからだ

このことを知らないと,一次面接が通ったから二次も余裕だろうと思って失敗する

一次面接は一般的に若手社員との面接となる

これは,新入社員となる人物と年の近い人間を面接官にすることで,一緒に働きたい人間かどうかを判断させる

ここで重要とされることは コミュニケーション能力

始めの面接ではベテランの面接官はほとんどいない.よって面接官にとっての印象そのものがよければすぐに合格というわけだ

若手の面接官はどんな質問をしようが,答えからどんな人物かを判断するだけの能力がない.そのため,重要なことは一緒に働きたい人間と印象を与えられること.要は

 言葉のキャッチボールができることだ


面接官の質問に対して適切に答えるだけで,大抵は通る

次に二次面接だ・ この面接ではベテランや重役が参加する

一次面接の時とは比べ物にならないくらいの重圧がある

ここで重要なことは その企業を切望しているか


面接官にとって,一番聞きたいこととして,なぜ我が社を選んだのか

試験を受けにきた人間がどれだけ自分の会社を希望しているのかを知りたがっているのだ

つまり,相手が一番知りたがっていることを 

明確に熱意が伝わるように

伝えることが大事
 なのである

ただし,適切に誰が聞いても納得するような内容,熱意が伝わることが何より大事だ

ただ,自分は貴社に入社したいと言ってもみんなそういうのだから,どうでもよく聞こえる

大事なのはしっかりとした企業へ対しての熱い思いをもつことである


また,熱い思いと自慢は違う

自分の面接の時にいた人で,「私はプログラムをいっぱい書いてきた」「電卓などや計算プログラムを作ってきました」「プログラムが楽しくて,それで社会の役に立てれば」

などと言っていたが,IT系となるとパソコンに触れている人間がほとんどで,自分のアピールにどうしても「プログラムをいっぱいやってきた」と自慢しがちだ

企業の人間にとってそんなことは どうでもいい のだ


なぜかといえば,企業はその人間が優れていることを知りたいからではないからだ.その人の能力は筆記試験で確認できるからだ.筆記試験の点数の上位にいる人間だからこそ面接をしているのであって,理系でプログラムをやってきた人間と,文系で初めてプログラムをかくという人間も全く等価なのである.

それなのに,自分はこう優れているのだと必死にアピールするさまはむしろ自分はその程度の小さき人間ですと語っているようなもの

ある程度のアピールは大事だが,何度も言うように 熱意 が大事であり,企業はそれを評価しているのだ

内定を取れない人はたいてい熱意がない!!

何社も受けて内定がでないから,どこかの企業を探し,内定がもらえればどこでもいいと軽い考えでしかないからまた落ちる

ほんとに入社したい企業に対しては人は自然に真剣となる.それは何も語らないでも,何も考えないでも勝手に口が動くように自分の思いを吐き出すもの

ただ内定がほしいではなく,まず自分がどういう人間で,その企業でどう働きたいかをまずきちんと分析することが内定への近道なのである






スポンサーサイト

theme : どーでもいいこと
genre : コンピュータ

comment

Secret

プロフィール

さぶ

Author:さぶ
趣味 パソコン、アニメ、
    ゲーム, 麻雀
好きな物 ジャンプ 甘味

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも一覧
壁のない世界へ
注目の商品




今売れている商品








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。