スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オブジェクト指向言語への移行

情報関係の学科の中でも最近,プログラミングの履修内容が違ってきている

その中で,初めに習う言語が違うことがある

5,6年前はVBが一般的であり,現在においてはC言語がほとんである

だが,そんな中,C++やJavaを最初の言語として教える大学が増えてきた

C言語はプログラミングの基礎の学習にもっとも適しており,Cの知識がそのまま他のオブジェクト指向言語に役に立つ

だが,CとC++,Javaでは考え方が結構違ってくる

それはオブジェクト指向という考えにもとづいてのプログラミングを採用しているかどうかである

C言語は手続き型の言語であり,一連の処理の内容を順に記述する.対してオブジェクト指向はプログラミングする内容を個々の物という概念に置き換えて処理を記述する

Cに慣れるとオブジェクト指向を理解するのが非常に難しくなる.オブジェクト指向はCの考え方と違っているからだ

そのため,企業や大学ではCを教えるのではなく,いきなりオブジェクト指向の言語を教えることでC言語スタイルの考えにとらわれないようにしようという考えである

これはプログラミングの学習量を最小限にし,最大の成果をあげることになる

この方針の転換は有効といえるだろう.Cを学んだためにオブジェクト指向言語でのプログラミングができない者が続出しているのが現状だ

自分もCを得意としていたために,オブジェクト指向になれるのにはとても苦労した

今はオブジェクト指向でのプログラミング開発ができるようになってきた

オブジェクト指向はコード量が多くなるかわりに,極めてプログラミングを解り易く,エレガントな記述ができる

ただ,どうしても疑問に思うのがいきなりオブジェクト指向を習ってほんとに効率がいいのか?という疑問だ

Cを習わないことでオブジェクト指向言語の理解が容易になるが,プログラムの理解や技術という面ではどうだろうか

C言語は処理の順にコードを書いていくが,コードが簡潔であるため,多くのプログラミングの練習を簡単に行うことができる

逆にオブジェクト指向言語は初めて習う言語にしては極めてコードが書きにくい

オブジェクト指向にそってコードをデザインしなければならないからだ

ある程度プログラミング慣れしていないとまともなプログラムは書けない

Cを始めにに習って苦しんだわけだが,やはりプログラミングの進化の歴史を知る意味でもCが最初の言語であるほうがいいのではないかと感じる

どのように言語が変化して,どう便利になったのか,違いは何かなど考えながら学べるからだ

自分がいきなりオブジェクト指向言語を習っていたら逆に今以上に大変だったことだろうと思う

やはり,一番大事なのは楽をして近道をするのではなく,苦しくても基礎からきちんと学ぶということだと思う


スポンサーサイト

theme : パソコンな日々
genre : コンピュータ

comment

Secret

プロフィール

さぶ

Author:さぶ
趣味 パソコン、アニメ、
    ゲーム, 麻雀
好きな物 ジャンプ 甘味

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも一覧
壁のない世界へ
注目の商品




今売れている商品








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。