スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の評価

人が人を評価するとき,大多数の人は「減点方式」で評価する

つまり,はじめから持ち点をほとんど持たず,評価する人物にとって不快に思われた分だけ減点されていくのだ

こんな人の評価では相手を認めることなどほとんどないだろう

減点方式をとっている人間が多いからこそ人は自己中になる

さぶは褒められることが好きである

けれど,人は人を認めることがなく,誰も褒めてはくれない

さぶの人生において最も自分を認めてくれ,褒めてくれた恩師がいる

その恩師は中学の数学の教師で,とても真面目で優しい先生だった

その先生とは数学を教えてもらう以外に接点などなかったが,ある時さぶが数学の係りになった

この係りとは,担当する科目の授業の準備を行う者である

さぶの仕事は数学の小問題プリントを配ることだった

数学の係りになったのは後期だったので,前期にやっていた奴が先生に指示されてプリントを配っていたようにやろうと考えていたが,ふと,チャイムがなってから配っていては無駄が多いなと思い,勝手にチャイムが鳴る前に各列の人数を数え,仕分けし,それをチャイムが鳴り終わるぐらいをめどに配り終えるように配ってみた

そして,その日の数学の時間に,その先生がさぶをベタ褒めしたのである

恩師 「ほう,授業が始まる前にプリントを配っておいてくれるとは実に気が利いていて素晴らしい!!」

この時,さぶは褒められることのうれしさを知った

次の数学の時間には,前回の配慮に加え,日直の仕事である黒板の掃除を行い,教卓を掃除し,チョークを新品を用意しといろいろと試してみた. このとき,さぶはもっと褒めてもらいたいと願望があったのかもしれない

結果,恩師はまたもベタ褒めしてくれたのである

この恩師はもともと人を褒めることが上手で,よく数学の問題を答えさせては正解者,不正解者を褒めていた

さぶはこの恩師が好きだった(同性ですが,性的でなくね(^^:))

心の底から人を褒め,褒めることで伸ばす教育,自分もこの恩師のもとでならどこまでも成長できたことであろう

ほんとに尊敬する人物である.

人を褒めることは簡単なようで難しい

心が籠っているというか,ほんとに心の底からの賞賛でなければ,うれしいと感じない


今,大学でさぶは教授に褒められたことがあった.

教授 「さぶ君はプログラミングがすごくできるので,この難しい課題を頑張ってもらいたいです」

期待されることや,評価されることはうれしい,,だけど,

教授は自分を認めてくれているような発言をしているわりには自分を認めているような態度がない

教授が質問をなげかけるときに自分が答えを知っていても,自分に聞いてくれないのである

その質問を他の者にまわす.さぶのことを正確に判断していたら,今の質問は俺にするだろうと疑問に思う

同じ学科の同僚も,

同僚 「さぶはすごいからさぶがやってくれますよ」

同僚 「さぶならこんなの楽勝でしょ?」

皆さぶを認めてくれているのだろうか,,,心がまるで籠っておらず,むしろ煙たい相手に対しての威圧的な発言とさえとれる

人が評価するときは減点方式である.人の悪いところを探す評価法である

人のいいところは自分にはどうでもいいことだと捨てられるのである


人が人を認め合わない世の中に,信頼などあり得るのだろうか



スポンサーサイト

theme : どーでもいいこと
genre : コンピュータ

comment

Secret

No title

ちわ~っすお月見熊さん(^^)

>>加点式で人を評価できる人は素晴らしい人材を育てる事ができるとも言えるそうです

さぶもそう思いますね.

人を褒める人は,周りからは頼りなく思われるけど.褒めることのできるだけの理解と寛容さがあるわけで,上手に褒める人ほど凄い人だったってことは結構あると思いますね

No title

人を評価するときは減点方式。
これは日本古来からのペーパーテストの採点からきていると昔、読んだことがあります。
でもこれとは逆に加点式で人を評価できる人は素晴らしい人材を育てる事ができるとも言えるそうです。
日本は今まで人と同じか、合格ラインに到達しているかの平均を大事にしてきました。
ですがグローバル化が進み多様化が進行するにあたってこの辺を考えなおさなければ生き残れない時代にきているようです
プロフィール

さぶ

Author:さぶ
趣味 パソコン、アニメ、
    ゲーム, 麻雀
好きな物 ジャンプ 甘味

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも一覧
壁のない世界へ
注目の商品




今売れている商品








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。