スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Javaの開発環境を作ろう Windows編

Java言語の実行環境をWindowsに用意する手順を紹介します

Javaといえば、あれですよ コーヒーだったり 原人だったりと、、、、

オラクル様に喰われたりと有名なオブジェクト指向言語です はい!

ではさっそく、作っていきたいと思います。

まずはJDKを用意します。 JDK? って感じでしょうが
JDK : Java DevelopDevelopment Kitの事です

オラクル様の配布サイト http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/java-se-jdk-7-download-432154.html

このURLにいくとこんな画面があるかと

java_01


この中で好きなバージョンをダウンロードします。


java_02


ダウンロードを押すと、OS毎のインストーラがありますので、

Windows OSのもので、32ビットなら X86 、

64ビットなら X64を選択しましょう

ダウンロードが完了したら、インストーラを起動します。


java_03


インストールが完了したら、JDKにパスを通します。

「システムのプロパティ」の「起動と回復」の「環境変数」を選択

java_04


「システム環境変数」の「Path」を選択し、「編集」ボタンを押下


java_05


「編集値」の記述の中にJDKをインストールしたパスを追加します。

パスの最後に「;」を追加する事を忘れずに


java_06


コマンドプロンプトを立ち上げます

ファイル名検索で、「cmd」と入力するとすぐ見つかります。


java_07


「 java -version 」とコマンドを入力しエンターを押下

インストールしたJDKのバージョンが表示されたら正常にパスが設定できています。

これでJavaの開発環境はできました。 Javaのコードを作成し、

「 javac 」 、「 java 」 コマンドでJavaを実行する事ができます

以上お疲れさまでした

スポンサーサイト

theme : パソコンな日々
genre : コンピュータ

comment

Secret

プロフィール

さぶ

Author:さぶ
趣味 パソコン、アニメ、
    ゲーム, 麻雀
好きな物 ジャンプ 甘味

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも一覧
壁のない世界へ
注目の商品




今売れている商品








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。