スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音質にこだわるならSONY NW-A865

最近SONYウォークマン NW-A865を購入しました。


SONY-NW-A865



Aシリーズと呼ばれるこのウォークマンはSONYが謳う最高音質を実現したシリーズです。

フルデジタルアンプ「S-Master MX」を搭載し、従来のノイズキャンセリング機能も搭載しています。

以下抜粋
--------------------------------------------------------------
ハイエンドオーディオに迫る高音質を。進化したフルデジタルアンプ「S-Master MX」
ハイエンドオーディオなどに採用されているソニー独自の高音質技術「S-Master」をモバイル機器用にさらに進化させた「S-Master MX」を搭載。 音声信号をフルデジタル処理する際のプロセスをさらに最適化することで、 従来よりも歪みやノイズを低減し、小音量から大音量までディテールを維持した高音質を実現。
また、迫力ある低音のエネルギー感、スピード感を余すところなく再現しながらも、 繊細な空気感までリアルに再現。臨場感あふれる音を実現している

周囲の騒音を約98.0%(※)カット。「デジタルノイズキャンセリング機能」
静寂の中で音楽に浸っているようなダイレクトなサウンドを実現します
電車やバスの中でもボリュームを上げすぎずに音楽に集中できるので、 音漏れを気にする必要がなく、耳への負担も軽減。 お気に入りの音楽をクリアないい音で、快適に楽しめる
--------------------------------------------------------------

といったようにハイエンド機でありながら、現在は2万円以下で購入できる素晴らしさ

実際に使用した感じでは、最高音質と言うだけあって極めて音が良いです。

また、期待していなかったノイズキャンセリング機能ですが、通勤時に使用すると

その効果は絶大で、電車内での不快な騒音、会話が一切遮断されて音楽に心地よく浸れます

バッテリーのもちはタッチパネルになったため悪くなっていますが、
週に1度充電する程度であり、不満はありません。

ipodtouchが大容量で低価格であるため、Apple優勢ですが、

音を考えれば、SONY一択だと思います。

よく高級イヤフォンにお金をかける人が多いようですが、

SONYであればその必要もありません。付属のイヤフォンであっても

ipodと高級イヤフォンの組み合わせよりも良い音がでます。

価格で負けていたSONYですが、最近は低価格化が進み

コストパフォーマンスは十分と言えるでしょう。ぜひ一度ご視聴してみてください。






theme : パソコンな日々
genre : コンピュータ

AtermWR9500Nレビュー

NECから発売された450Mbps対応の無線ルータ

AtermWR9500Nを購入しました。

WR9500N


この9500は以前も紹介しました。 以前の記事はこちら


9500は5GHz帯にて理論値450Mbpsの現在最速の規格に対応します

450Mへの対応は現在、子機が十分でないためほぼ利用できません

ですが、300Mの11nを利用している方であっても、9500を買う

メリットがあります。それは「ハイパーロングレンジ」と呼ばれる無線を

長距離伝送するための技術です。これにより、2階など離れた

場所であっても従来機よりも速度が出るようになります。


9500の魅力は上記2点ですが、他にもUSBポート、 ECOモード等便利な機能があります。

中でも新しいのが、DDNS機能です。

サーバを使用していると、自身のIPと取得したドメインを常に更新するソフトを使用します。

これはDice等が有名ですが、このDiceが行う更新作業をルータが行うという機能です。

つまりは、ルータにDDNSの更新を任せ、サーバでは考慮、設定が不要になるというもの

この機能はまだ使用していませんが、今後活用したいと思います。

価格が15,000円と性能の割に安くお買い特です。


theme : どーでもいいこと
genre : コンピュータ

AtermWR9500N ようやく発売

無線LANルータは今や450M対応となっているが、

450対応機を発売しているのは一部のメーカーのみとなっており、

その製品の品質はどこかいまひとつ

そんな中、NECがようやく450対応のルータの発売を発表した

それが 「AtermWR9500N」 である


       AtermWR9500N


無線ルータでいえば、バッファローが有名であるが、機能と電波の質でいえば

NECの方が良いのではないかと思っている

ゆえにNEC製のルータを待ち望んでいたわけである

AtermWR9500Nは5GHz帯で理論値450Mbpsの通信に対応し、

2.4GHz帯と5GHz帯の同時利用が可能

従来機の機能を踏襲して、新たに親機と子機の切り替え機能を追加したモデルだ

親機と子機の切り替えが面白い。子機に切り替えたルータは

イーサネットコンバータの役割をする。

従来ならばコンバータは別の子機が必要だったが、親機そのものが、

子機にもなれるというこの発想は実にすばらしいと思う。


このルータの発売時期は10月下旬とのこと

ルーター単体が15,000円前後との事

これほど優れたルータが2万以下なのはうれしい限りだろう

発売したら少し様子をみてから購入したいと思う

theme : パソコンな日々
genre : コンピュータ

続 AKB-PVR101

前回に引き続き「AKB-PVR101」のレビューです

AKB-PVR101


さっそく、さぶが人柱となり購入しました(^^)

使用しておよそ1週間くらいですが、使ってみて気づいた点をいくつか


良い所
   ・PCレスで録画
   ・TS抜きのMPEG-2で録画でき、コピーフリである

悪い所
   ・値段が3万
   ・EPGが貧弱すぎて使い物にならない
   ・リモコンの設定でバグがいくつもみつかる
   ・録画データがフルHDじゃない(1440×1080)

と言った感じです

この商品の目玉であるコピフリ

録画したデータをPCでコピー、そしてTMGNで編集可能であることが

確認できました。

ですので、謳い文句程度の機能はあります。

けれど、使ってみるとすぐに不満に思うことが予約設定です。

番組表が一チャンネル分しか表示されないため、チャンネルを切り替え

ながら、探すこととなり大変使い勝手が悪いです。

LANがあり、ネットアップデートの利用ができるかと思いきや、

LANは飾りとのこと、、、、予約が面倒です


使用感は悪いですが、コピフリができたことから及第点と言った

ところですかね。 今後もなにかあればレビューを書こうと思います。



theme : パソコンな日々
genre : コンピュータ

TS抜きチューナー AKB-PVR101

ちまたで有名となっているTS抜きができるチューナー

その名も AKB-PVR101

AKB-PVR101

このチューナーはデバッグモードに切り替えることでTS抜きが可能

USBの口に外付けのHDDを接続すると、外付けに録画することができるとのこと

EPGにも対応しているため、使い勝手はまさにチューナーそのもの

TS抜きで言えばPT2が有名ですが、このチューナーはPCレスという点で優れています

現在の実売価格は29,800円で、アマゾンでは転売の34,800円となっています


PT2を所持していますが、このチューナーがとても気になります

録画形式など細かい情報は出そろってないようなので、様子見ですかね

MPEG2だけど、形式が不正だとかネットで、、、(ご存じの方、詳細よろ)
もどかしい(^^;) そのうち買っちゃいそうです


theme : パソコンな日々
genre : コンピュータ

プロフィール

さぶ

Author:さぶ
趣味 パソコン、アニメ、
    ゲーム, 麻雀
好きな物 ジャンプ 甘味

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも一覧
壁のない世界へ
注目の商品




今売れている商品








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。