スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

データベースアプリを配布する際の接続文字列(SQLServer編)

データベースを使用したアプリケーションを作成すると、インストールを

しないで使用するにはデータベースファイル(.mdf)を一緒に配布することになる。

しかし、データベースにアクセスするためには接続文字列が問題となる

テスト環境で使用するデータベースファイルへのパスと移行先のパスが異なるからだ

つまりは、接続文字列のパスを動的に変更する必要がある。

接続文字列で 実行ファイルのパスを返す

Application.StartupPath を使用する

AttachDbFilename=" & Application.StartupPath & "\データベースファイル名.mdf;



これでデータベースファイルのパスが変わっても、Exeファイルの場所に
mdfファイルを配置することで接続エラーを回避できる

補足として、パスに日本語文字列が含まれる場合(ディレクトリ名などに日本語を使用している)エラーがでます


研修も終わりに

研修が始まり早くも折り返しに

ここまでの内容は基礎ばかりでしたが,

後半では,問題演習と応用 少し大変になりそうです

研修が始まる前は研修なんて退屈なだけだ~なんて言ってましたが,

いざ研修が始まってみると,この研修場所にいるほうが安全だということに気づき

こっちの方が居心地が良くなっていました

会社に戻っても,今の研修のような丁寧な指導は望めない,今のうちに

しっかりと学習しておく必要があることを痛感しました

研修ももう半分を過ぎました.本当のプロの世界に行くのはこれからだという

恐怖を感じています.残りの研修は意識を高めて技能向上に努めていきたいと思います



Visual Studio 2010

Microsoftが28日にVisual Studio 2010 Expressの日本語版をリリース


VSE2010top.jpg


VSの最新版である2010の特徴は以下の事が挙げられる

.NET Framework 4や各WindowsOSの64bit版に対応

WPF(Windows Presentation Foundation)を利用したユーザーインターフェースを採用しており,各画面を分離してマルチモニター環境での利用等が可能となっている

また,インテリセンスの機能がより進化し,従来の前方一致だけでなく命名規約や省略を考慮した補完候補を実現した

開発効率を向上させるVSシリーズの最高峰と言える2010はかなり完成度が高いように思える

まだ製品版がリリースされていない状態でまさかExpressが先に公開されるとは予想外だった

とはいえ,これほどの機能を持つVS2010は是非とも手に入れたい

Professional版だと5~8万といったところか,,,,学割がない社会人はつらいよ org


theme : パソコンな日々
genre : コンピュータ

ゲームで鍛えるプログラミング力

プログラミングに興味があるけど、プログラミングは難しいからちょっと

そんなあなたにおすすめのするのがこのゲーム

カルネージハート

カルネージハート


このゲームはロボット対戦シュミレーションゲームで、自由にロボットを設計したり、プログラムチップを組むだけで、自分だけのロボットを作れるゲーム

プログラムチップは豊富にあり、チップを上手く配置する作業がまさにプログラミングそのもの! 3対3のチームバトルなので、チームのコンビネーションが重要だ


さぶはこのゲームを知った時にはこんなに素晴らしいゲームがあるなんてと驚いた

シュミレーションゲームはたいてい物足りなかったり敵が不十分だったりするが、
このゲームではちゃんとレクチャーストーリーから始まり、十分なストーリー展開が待っている。


プログラミングは苦手だという方でもゲームならきっと楽しみながら自然とプログラミング力が身に付きます

これはおススメですよ


theme : パソコンな日々
genre : コンピュータ

簡単に思えるものほど難しい

一見簡単なようで、実は難しいことはよくある

フェルマーの最終定理をご存知だろうか 数学界の超難問として

長い間誰もこれを証明することができなかった問題だ

天才と呼ばれるような頭脳を持った数学者達が全く解けない問題と

言っても、実はこの問題、すごくわかりやすいのだ

問題自体は誰でも理解できるのにそれの証明がどうしてもできない

このように簡単なようで実は難しいといったことは存在するのだ


さぶが最近体験した出来事のなかで、こんな問題がある

<<問題>>

自動的に数列を作成するプログラムを作る。 それはひとつの関数で処理し、引数はふたつ

[n]と[r]を引数にとる

[n]は 1 ~ 9の数で[n]の値が上限値となる [r]は桁数を表す

[n] = 3 [r] = 3 とした場合には 111 ~ 333までの数列を自動生成する

この例では[n] = 3のことから数値が1 ~ 3となり、 [r] = 3から[][][]のように3桁を表す

<<問題終わり>>

このプログラムの問題は実に単純だ。 しかし、実際にプログラムを書いてみると

なかなか思うように書けず、悩んでしまった。

1 ~ 9ってことは0でてきたらダメだ! 「r」が桁ってことは入れ子にしないと、でもどうかくんだ?

といったように思っていた以上に苦労した


簡単なようで簡単ではないことがある。 簡単と思い込んでいるのか、簡単と見なしてしまう愚かな

思考力が悪いのか、 摩訶不思議である




theme : パソコンな日々
genre : コンピュータ

プロフィール

さぶ

Author:さぶ
趣味 パソコン、アニメ、
    ゲーム, 麻雀
好きな物 ジャンプ 甘味

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも一覧
壁のない世界へ
注目の商品




今売れている商品








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。